YouTubeノウハウ

【YouTubeのジャンル比較】アフィリエイトするなら特化・トレンドのどちらがオススメ?

YouTube ジャンル 比較 アフィリエイト

あなたがYouTubeチャンネルをこれから運営しようと考えているなら、トレンド系・特化系のどちらのチャンネルがおすすめか気になるところですよね。

個人的には手離れの良い特化系チャンネルを複数運営する方があっていますが、重視するポイントによって取り組むべきジャンルは変わってきます。

 

そこで、今回の記事ではトレンド系・特化系チャンネルを様々な観点から比較した上で、あなたの理想に合わせて最適なチャンネルの運営スタイルをご提案していきます。

 

こんにちは。アツシ@YouTube専門家です。

この記事を書いている2019年10月18日(金)の時点では、チャンネル運営状況は以下の通りとなっています。

  • 非公開チャンネルA(収益化済み):22300人
  • YouTube専門家(収益化済み):7890人
  • 非公開チャンネルB(収益化済み):2120人
  • 非公開チャンネルC(収益化済み):1620人
  • 非公開チャンネルD(収益化済み):1220人

Twitterでは1ヶ月で1万人登録を達成するまでに実践したノウハウ、1チャンネルで月収100万円以上を達成させた記事ネタの選び方などを発信中です。

ぜひお気軽にリプやDMで絡んでもらえると嬉しいです。YouTube運営に関する質問に関してもTwitterLINEでお気軽にご相談ください!

 

それでは早速、本題に移っていきましょう。

YouTubeアフィリエイトなら特化・トレンドのどちらがオススメ?

YouTube ジャンル 比較 アフィリエイト

まずはトレンド系チャンネル・特化系チャンネルのそれぞれの特徴について知っておきましょう。

トレンド系は稼ぎやすい

トレンド系YouTubeチャンネルについては、以下のブログ記事で詳しくまとめています。

>>【トレンド系YouTubeチャンネル】リサーチのコツ&運営するポイント&注意点

ポイントは以下の通りです。

  • 編集スキルは低くてもOK
  • 質よりもスピード勝負
  • 運営の外注化は難しい
  • キーワード選びのセンスが身につく
  • 規約・著作権に反するネタが多い

 

特化系は収益が安定しやすい

特化系YouTubeチャンネルについては、以下のブログ記事で詳しくまとめています。

>>【特化系YouTubeチャンネル】リサーチのコツ&運営するポイント&注意点

ポイントは以下の通りです。

  • 高度な編集スキルが必要
  • 動画量産よりクオリティ重視
  • 外注化しやすいが予算が必要
  • 狙いが外れると稼げない
  • 時代に合わせて動画レベルを上げる必要

ここではトレンド系・特化系のチャンネルそれぞれの特徴についてまとめました。

それでは、これらを元に運営方針・運営スタイルに合わせて、最適なジャンルをご提案していきます。

 

特化・トレンドを選ぶ判断基準

YouTube ジャンル 比較 アフィリエイト

以下では、あなたの現状・運営方針・運営スタイルに関しての問いをまとめました。

  • YouTubeリサーチに自信があるか?
  • パソコン操作、動画編集に苦手意識はあるか?
  • 収益化まで耐える忍耐力、覚悟はあるか?
  • チャンネル運営を将来的には外注化したい?
  • クオリティ、スピードのどちらを重視する?

それぞれの問いに対して、あなたなりの答えを持ってから読み進めてください。

YouTubeリサーチに自信があるか?

もしYouTubeリサーチに自信のない初心者さんなら、まずはトレンド系チャンネルから始めることを強くオススメします。

特化系チャンネルには外注化させやすい、収益が安定化しやすいといったメリットがありますが、これらはYouTubeリサーチがしっかりできていることが大前提です。

特化系チャンネルで結果を出すためには ある程度の動画本数が必要になりますが、間違った方向性で動画コンテンツを積み重ねても収益が発生することはありません。

 

この点 トレンド系チャンネルであれば、選んだキーワードが間違っていたか外れていたかが再生回数に即反映されます。

ですから、キーワード選定力を磨きながらチャンネル運営できるのです。

 

特化系チャンネルになると狙い目なキーワードで動画コンテンツを作っていても、再生水準が高まるまで時間が掛かります。

そのため、YouTubeリサーチが適切に行えているかの確認に時間がかかります。

パソコン操作・動画編集に苦手意識はあるか?

パソコン操作・動画編集に苦手意識があったり、高性能なスペックのパソコンを購入する予算がない場合には、特化系チャンネルの運営は諦めた方が賢明です。

トレンド系チャンネルであれば、今現在でも低クオリティな動画でも取り扱っているネタ・キーワードさえ良ければグングン再生回数が伸びていきます。

 

一方で、特化系チャンネルになると、定番キーワードに対して数え切れないほどの動画コンテンツが投稿されていますから、最新の編集クオリティでないと太刀打ちできません

YouTubeリサーチに慣れてくれば狙い目なネタ・キーワードも簡単に見つけられるようになりますが、編集クオリティが上がらないと再生回数が伸びることはありません。

収益化まで耐える忍耐力・覚悟はあるか?

3ヶ月から半年間は全く再生回数・チャンネル登録者数が伸びなくても、何としてでも動画コンテンツを作り続ける覚悟があるでしょうか?

ある程度YouTubeで稼いだ経験がある方なら、長期的な目線を持ってチャンネル運営に取り組めると思いますが、初心者さんだと不安でモチベーション維持が大変かもしれません

特化系チャンネルであっても運営1ヶ月で2チャンネル収益化させた実績が自分にはありますが、初心者の場合は少なくとも半年間は考えておいた方が良いでしょう。

YouTubeで稼いだ実績のある方々からフィードバックしてもらえる環境にあるなら初心者さんでも特化チャンネルへの挑戦もアリですが、独学ではかなり難しいでしょう。

チャンネル運営を将来的には外注化したい?

将来的にチャンネル運営を外注化させて自由な時間を作りたい!と考えているのなら、トレンド系チャンネルはオススメできません。

トレンド系チャンネルでも話題性の強いネタ・キーワードで動画を作り続けてさえいれば、収益は安定しますし月間100万円以上稼ぐことも可能です。

しかし、誰よりも早く話題のネタ・キーワードで動画コンテンツを作る必要があるため、他人に任せて数日後に動画が出来上がるようなスピード感では運営できません。

 

この点、特化系チャンネルなら基本的に急いで動画コンテンツをつくって誰よりも早く公開するような必要性はありません。

特化系チャンネルはスピード感よりも動画クオリティを重視して、1本1週間でも描けて満足な動画を作るような運営スタイルになります。

ですから、腕の良い動画編集マンなどに外注化してしまえば、クオリティの高い動画を手放しで投稿し続ける仕組みを整えられます。

クオリティ・スピードのどちらを重視する?

性格的に細かいところまでこだわって作り込みたいのであれば、特化系チャンネルにより適性があると考えられます。

一方で、クオリティはある程度のレベルで妥協して、どんどん動画コンテンツを量産したいタイプの方にはトレンド系チャンネルがあっています。

あなたの性格を考えた上で、ストレスなく取り組める運営スタイルを選択する方が続けやすいはずです。

 

それでは最後に、個人的に気に入っている運営スタイルをご紹介していきます。

個人的にオススメな運営スタイル

YouTube ジャンル 比較 アフィリエイト

自分にとってのYouTube/ブログなどのメディア運営の魅力は、自動化収入を構築できることにあると思っています。

ですから、手離れの良い特化系チャンネルを複数運営して行って、安定したYouTube収益を少しずつ積み上げていく方針でチャンネル運営しています。

 

この記事を書いている2019年10月時点では、収益化チャンネルを5つ所有していて合計のYouTube収益が月間100万円を超えてきました。

そこで次なる目標としては、顔出しYouTuberのようなファンビジネスに挑戦してみたいなと考えています。

 

特化系チャンネルも数年後には似たようなコンテンツで埋め尽くされることが予想されます。

ですから、「アツシさんの動画が見たい!」と言ってもらえるようなファン作りが将来にも渡ってYouTubeで稼ぎ続ける上では必須だと考えています。

 

というわけで、今回の記事ではトレンド系・特化系チャンネルを様々な観点から比較した上で、あなたの理想に合わせて最適なチャンネルの運営スタイルをご提案していきました。

 

こちらでは、YouTubeアフィリエイト初心者に向けた記事をまとめています。

>>【YouTubeアフィリエイトの初心者】チャンネル開設から動画投稿までの3ステップ

 

これからもTwitterYouTubeでも、YouTube新機能などを含めた最新のYouTubeノウハウを実践しつつ解説していきますので、ぜひフォローお願い致します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です