YouTubeノウハウ

【YouTubeの再生回数を上げる】動画に目次(時間指定)のリンクを設定する方法&SEO効果

Youtube動画 再生回数 目次機能

このページではYouTubeの再生回数を上げるポイントとなる動画に目次(時間指定)のリンクを設定する方法とSEO効果について解説していきます。

 

ご自身で動画を見る際に、3分くらいの動画なら良いですが、時間が長くなればなるほど知りたい情報が動画のどこにあるのかをピンポイントで探すのは困難ですよね。

情報が動画の中から素早く取得できないのが動画のデメリットでした。

そんな場合に目次と時間指定のリンク(タイムスタンプ)を設定することで、動画の中から知りたい情報が見つけづらいと感じるストレスを一気に解決します。

 

DVDのチャプターのように動画の内容を伝えられるこの目次機能は、ユーザビリティを向上させ、動画の再生回数を上げることにもつながります。

YoutubeクリエイターにとってやるべきSEO対策の1つであり、簡単に取り入れることができるのでぜひチェックしてみてください。

YouTubeの目次機能(タイムスタンプ)が進化

Youtube 動画 目次機能 タイムスタンプYouTube動画はサイトのような文章とは異なるため、動画再生しただけでは知りたい情報がパッと出てくるわけではありません。

3,4分の動画なら最初からすべて視聴することができますが、長時間の動画の場合に目的の情報がなかなか出てこないのは、視聴者からすると使い勝手に欠けてしまいます。

 

観たい部分だけをピンポイントで探して視聴できないのがデメリット。

 

そのデメリットを解消するのが「目次機能」です。

YouTube動画には説明欄に「目次」を設けることで、DVDチャプターのように内容を分かりやすくすることができます。

 

さらに目次の時間リンクをクリックすれば、指定した分数で動画スタートさせることも可能です。(時間を指定したリンクを「タイムスタンプ」と呼びます。)

このようにDVDのチャプターのようになっていると、知りたい情報を素早く取得することができるようになります。

ただ時間指定で目次を付けるだけでなく、YouTubeの機能がちょっと進化していますよ。

動画の再生バーに目次が表示されるように

YouTube動画 再生 目次 タイムスタンプの進化は、動画の再生バーに現れていました。DVDのチャプターのように再生バーに目次が表示されるようになっています。

 

概要欄に入っている分数とリンクしていて、バーの部分を動かせばそこの内容が表記されます。

今、どんな内容が流れているのか一目瞭然です。

従来の目次機能(タイムスタンプ)との違いは?

Youtube 再生回数 目次機能 タイムスタンプ従来の目次機能(タイムスタンプ)とどのような違いがあるのでしょうか。

説明欄・コメントに設定可能

Youtube動画 目次 設定方法タイムスタンプは説明欄、コメント欄にて設定が可能です。

 

概要欄に目次を入れる場合は、指定したい分数を半角数字4桁で入力します。

【目次】

  • 00:00 Youtube実績
  • 05:09 再生時間とクリック率が重要な根拠
  • 10:44 クリック率を改善するコツ

このように入力するだけで設定することが可能です。簡単ですね。

 

入力する際のポイントはこちら。

目次(時間指定)入力のポイント
  • 分数は半角数字
  • 分数と文字の間に半角スペースを入れる
  • 目次の文字数は3文字以上

数字は必ず半角で入力することをお忘れなく。全角で入力しても反映されません。

青色の目次(タイムスタンプ)をクリックできる

YouTube 動画 目次 タイムスタンプ概要欄に分数を入力するだけで、指定した分数の部分が青く反映されます。

これで青い目次(タイムスタンプ)をクリックすると、その場所に飛べるようになりました。

 

こんなに簡単に目次を設定することができます。全く難しくありません。

 

この目次機能を設定するだけで、動画のデメリットを解消してくれます。

それではYouTube動画に目次を設定するメリットについて見ていきましょう。

YouTube動画に目次を設定するメリット

YouTube動画 目次 設定 メリット目次機能によって動画をスキップされてしまい、ユーザーの視聴維持率が下がるのでは?と考えられるかもしれませんが、目次を設定すると以下のメリットがあります。

視聴者が快適にYouTube動画を視聴できるようになる

長時間の動画でも目次を追加することで簡単に知りたい情報へ飛べるのは、とても便利な機能です。

タイムスタンプを付けることで得られるメリットは、何よりもユーザーが観たい、知りたい情報をすぐに見つけて表示できるということです。

 

例えば10分以上や複数の話題を取り上げている動画の場合、知りたい情報を探したり、もう一度観たい場所を探すのはとても大変だし、面倒です。

ブログなどテキストページのサッと戻って読み返すことができることと比較すると、これは動画のデメリットでした。

 

目次を設定しておくことでユーザビリティが格段に向上し、視聴者が快適に動画を視聴できるようになります。

Google検索で目立つようになる

目次を設定すると「Google検索で目立つようになる」というメリットがあります。

検索結果で動画の情報が表示されるときに、タイムスタンプを設定している部分がリッチリザルトとして目立って表示されるようになります。

追加情報としてタイムスタンプも表示されるようになっています。

 

Youtubeの目次機能は、動画の概要欄に記載しておくことで、検索結果にその目次を元にした動画の再生リンクが「追加情報」として表示されます。

モバイル検索の機能ですが、本来は動画によって目次ごとのスクリーンショットも表示される仕様となっているようです。

YOUTUBE動画をアップロードする際には、目次機能を活用しておくことで、クリックされやすいGoogle検索結果表示ができる可能性があるということになります。

 

目次やタイムスタンプだけが対策ではありませんが、ユーザビリティを向上させることができ、さらに検索されたいKWを使ってGoogle検索からユーザーを引き込むこともできます。

YouTube上での再生回数が伸びるかも?

満足度の得られる動画を公開することが前提ですが、YouTube動画ではタイトル・サムネイル画像・説明などが重要なポイントになっていますね。

さらに動画に目次機能を使い、時間指定をすることによって、どのような内容・構成になっているのかをより分かりやすく伝えることができます。

 

その反面、目次機能を付けることで視聴者に「観たいところだけにスキップされてしまうと視聴維持率が下がるのは…」と考えるのは、ユーザーファーストでなくなってしまいます。

YouTubeでは、視聴者から評価される動画を優先的に露出させるアルゴリズムがあります。

 

ユーザーファーストで考えるなら、Youtube動画を発信していく上でやるべきことは“視聴者が見やすいコンテンツを提供すること”です。

タイムスタンプを活用することで、視聴者からの評価が上がれば結果的にエンゲージメントが上がり、動画の露出へ影響することがあります。

視聴者へのおすすめや関連動画で表示されて再生回数が増えるチャンスにもなります。

 

ということで、Youtubeクリエイターにとって、この目次・タイムスタンプ機能は積極的に活用したいSEO対策になるでしょう。

再生回数を伸ばすために簡単に取り入れるコツ

YouTube 目次機能 再生回数 コツ再生回数を伸ばすために簡単に取り入れられるコツはこちらです。

「アップロード後のデフォルト設定」に目次を入れておく

YouTube動画へのアクセス数は、キーワードと関連性の高さが非常に重要なポイントになります。

動画のタイトル、説明、コンテンツが視聴者の検索語句にどれだけ一致しているかで動画への検索流入・ブラウジング流入が決定しています。

ですので、アップロード後のデフォルト設定に目次を入れておきましょう。

>>【YouTubeのSEO】再生回数・関連流入を増やすコツ6つ!

 

YouTubeアルゴリズムで優遇されるために便宜上でも設定すべき

キーワードと関連性の高さが重要と言いましたが、この他に

  • 視聴者が自社のチャンネル動画をどれくらい視聴したのか
  • 視聴者が関連トピックの動画を視聴したのはいつなのか

なども大きく影響します。

 

YouTubeアルゴリズムでは、視聴者の関心に沿ったおすすめ動画を提案するので、目次設定でより優遇されるために便宜上でも設定すべきと言えます。

開始時間・終了時間を指定してYouTube動画を共有する方法

Youtube動画 共有 開始 終了 時間指定 Youtube動画は埋め込みで共有することができるので、サイトやブログで積極的に動画を活用されている方は多いですよね。

 

動画全体ではなく、ピンポイントで紹介したい部分があるときどうしていますか?

ユーザーに「〇分〇秒から観てみてください」みたいに伝えると観る側は面倒ですよね。

 

こちら動画は目次で言うと2つめの内容(05:09)からスタートするように設定しています。

 

開始時間を指定して動画を共有した方が絶対に見やすいですよね。

YouTube動画の中で共有したい部分、見せたい部分をピンポイントで時間指定することができます。

 

必要なら終了時間も指定することができます。

この設定もとても簡単なので覚えておきましょう!

再生ページの「共有」をクリック

Youtube 目次機能 共有 埋め込み

サイトに埋め込みたいYoutube動画を開き「共有」をクリックします。

開始時間を指定してYouTube動画を共有する方法

通常の方法では、この表示されたコードをコピーして貼り付けるだけで動画を共有することができます。

さらに見せたい部分の開始時間を指定して共有していきましょう。

「開始時間」をチェック→URLをシェア

Youtube 目次機能 開始時間 共有 埋め込み開始時間を指定するので「開始時間」にチェックを入れます。

動画を開始したいところで停止し、共有ボタンを押すと自動的にその時間が反映されています。

時間指定ができたらコピーしてURLをシェアするだけです。

 

埋め込みコードの場合も、開始時間をチェックするだけでOK。

Youtube 共有 開始位置 埋め込みコード

「?start=309」となっているのが開始時間です。309秒のところからスタート。

開始時間も1秒単位で設定できるので、動画を開始したい時間を埋め込みコードに入力して貼り付けましょう。

終了時間を指定してYouTube動画を共有する方法

Youtube 動画 埋め込みコード 終了時間 共有開始時間は画面から指定することができましたが、終了時間を指定することはできません。

一度、埋め込み用のコードを取得(コピー)しておきましょう。

 

この方法は、終了時間のみ指定する方法です。

埋め込み用のコードを取得すると下記のようになっていると思います。

例えば、開始から40秒のところで動画を終了させる場合はこちらです。

 

src=”” の中の URL の部分に「?end=40」を追加

あらかじめ取得しておいた埋め込みコードがこちらです。

<iframe width=”560″ height=”315″ src=“https://www.youtube.com/embed/eEKbgbHGN9A” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

src=”” の中(太字)の URL の部分最後に「?end=40」のようにパラメーターを付けます。

 

付けたものがこちらです↓

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/eEKbgbHGN9A?end=40” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

これだけで動画開始から40秒の所で終了するように設定ができました。

数値は終了する時間(秒数)なので終了したいポイントの秒数を入力しましょう。

 

開始時間と終了時間を指定する場合も簡単です。

開始時間を指定した埋め込み用コードを取得し、終了時間のパラメーターを「&end=40」と付け加えます。

 

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/eEKbgbHGN9A?start=15&end=40” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

終了時間だけを指定するときとの違いは、記号が「?」が「&」になったことです。

 

これで15秒で始まり、40秒のところで終了するように設定ができました。

簡単な設定で開始と終了時間を設定することもできます。

動画の中から見せたいポイントだけを紹介したい場合は、この方法を活用してみましょう。

 

こちらでは、YouTubeアフィリエイト初心者に向けた記事をまとめています。

>>【YouTubeアフィリエイトの初心者】チャンネル開設から動画投稿までの3ステップ

 

これからもTwitterYouTubeでも、YouTube新機能などを含めた最新のYouTubeノウハウを実践しつつ解説していきますので、ぜひフォローお願い致します。

 

今なら期間限定でYouTubeチャンネルの収益化を徹底解説したWEBセミナーも無料公開しております!

ブログやYouTubeで一般公開していない「YouTubeにアクセスが集まる仕組み」から「具体的なSEO対策」まで解説しています。

視聴は完全無料ですからYouTubeチャンネルの運営に悩んでいるのなら、是非チェックしてみてください!

YouTube 稼ぐ方法 収益化

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です