YouTubeノウハウ

クリック率が高まるサムネ画像を作る秘訣4つ!最適な文字数・配色はない&ライバルと比較しつつ改善あるのみ

サムネイル画像 クリック率

あなたが取り組んでいる動画ジャンル・それぞれのテーマによって最適なサムネイル画像は変わってきます。

ただ、一目見ると好奇心を掻き立てられてクリックせずにはいられないデザインであることは確かです。

 

そこで、こちらの記事ではクリック率が高まるサムネイル画像に共通して見られるポイントを解説していこうと思います。

また、自分が運営しているチャンネル「YouTube専門家」のサムネイル画像の中でも、クリック率が10%を超えているものを具体例として紹介していきます。

 

クリック率の高いサムネイル画像を作る上で、自分が常に意識していることは以下の通りです。

  • 文字の見やすさ
  • 配色
  • ライバルとの比較
  • 改善&検証

こちらの記事を読まれているということは、既にサムネイル画像のクリック率を高める重要性に気づいているはずです。

ですが、もしいまいちピンと来ていない場合には、こちらの記事を読んでサムネイル画像の重要性についてご理解いただければと思います。

>>動画にアクセスを集めるポイント5つ&YouTubeの自然集客が増える仕組み

 

こんにちは。アツシ@YouTube専門家です。

この記事を書いている2019年10月16日(水)の時点では、チャンネル運営状況は以下の通りとなっています。

  • 非公開チャンネルA(収益化済み):22200人
  • YouTube専門家(収益化済み):7850人
  • 非公開チャンネルB(収益化済み):2080人
  • 非公開チャンネルC(収益化済み):1480人
  • 非公開チャンネルD(収益化済み):1210人

Twitterでは1ヶ月で1万人登録を達成するまでに実践したノウハウ、1チャンネルで月収100万円以上を達成させた記事ネタの選び方などを発信中です。

ぜひお気軽にリプやDMで絡んでもらえると嬉しいです。YouTube運営に関する質問に関してもTwitterLINEでお気軽にご相談ください!

 

それでは早速、本題に移っていきましょう。

クリック率が高い!サムネ画像を作る秘訣4つ

文字が見やすい

サムネイル画像を作る際に意識すべきことは、YouTube上でサムネイル画像が表示される際にはかなり小さいということです。

パワーポイントやキーノートなどでサムネイル画像を作っているかと思いますが、実際にYouTube上に表示される際には極小であることを忘れてはいけません。

 

そこで、自分の場合には以下のようなルールを決めて、サムネイル画像をデザインしています。

  • 文字数は15文字前後
  • 太字&枠&グラデーション

こうした自分ルールを決めているからこそ、テキストが小さすぎたり・文字が読みにくいといったことを防げています。

 

おしゃれなテキストを作りたい場合には、個人的にはパワーポイントがオススメです。

以下のブログ記事では、パワーポイントでおしゃれなフォントを作る方法を解説しています。

>>パワーポイントでおしゃれなフォントを無料でデザイン!【ワードアートの活用法】

 

上記の記事ではOneDriveの無料版パワーポイントの機能を使うことを前提で解説しています。

また、有料版パワーポイントだと使える機能が増えて、さらにおしゃれなテキストが作り込めるようになります!

 

配色のバランスが良い

サムネイル画像の配色もとても重要です。それぞれの色には、相性の良い色・相性の悪い色というものがあります。

よくファッションの話でも、カラーコーディネートという言葉を聞くかと思います。

 

このカラーコーディネートを意識して、サムネイル画像に使うテキスト・枠・背景などの配色を考えています。

カラーコーディネートについて専門的に学んだ経験があるわけではありませんが、「青 相性の良い色」などと検索してみると最適な色合いがスグ見つかります

 

ライバル動画との比較

今まで解説してきた「文字の見やすさ・配色のバランス」はどんなジャンル・テーマの動画でも共通している部分になります。

しかし、YouTube動画にもさまざまなジャンルがあって、取り組むジャンルによっては文字数が多くなったり、ウケる配色の傾向があったりします。

 

ですから、まずは最低限の「文字の見やすさ・配色のバランス」を意識した上で、取り組んでいるジャンルならではのサムネイル画像の傾向も掴んでいきましょう。

たとえば、同ジャンルのYouTubeチャンネルの中で、あなたが運営しているチャンネルよりも再生回数・登録者が多かったりするものを参考にしてみるといいですね。

 

改善後のクリック率の推移をチェック

「文字の見やすさ・配色のバランス」を意識しつつ、人気なYouTubeチャンネルのサムネイル画像を意識するとデザインはかなり変わったはずです。

しかし、ここでサムネイル画像の改善が完了する訳ではありません!!

 

ほとんどのYouTubeクリエイターはサムネイル画像のデザインを改良しただけで満足してしまいますが、クリック率の推移をチェックして成功か否かを判断するまでが大切です。

手間を掛けてみても思うようにクリック率が向上しないどころか、むしろクリック率が下がってしまうこともあるでしょう。

 

こうした研究・改善を繰り返していくことで、クリック率が高いサムネイル画像の傾向をつかんでいくことができます。

また、ずっと同じデザインばかり使っていても視聴者は飽きてしまいますから、定期的にクリック率を確認しつつ改良し続けることが大切です。

 

サムネイル画像のデザインは整えられたけど、YouTube動画の枠に綺麗に収まらない。。。という悩みを抱えているかもしれませんね。

そんな時には、こちらのブログ記事を参考にして最適なサムネイル画像のサイズを確認してください。

>>【YouTubeサムネイルのサイズ】作り方〜設定&変更する方法(Windows・Mac共通)

 

ということで、今回の記事では「クリック率が高いサムネイル画像の作り方」について解説していきました。

「文字の見やすさ・配色のバランス」という点は共通していますが、最適な文字数・デザインなどは取り組んでいるジャンルによって最適解が異なってきます。

 

運営チャンネルよりもパフォーマンスのライバルチャンネルを見つけて、サムネイル画像の良いところ取り入れるようにしましょう。

また、クリック率が改善したかどうかを定期的に確認することも大事ですから、少なくとも2週間に1度くらいのペースでYouTubeアナリティクスも分析するようにしましょう。

 

こちらでは、YouTubeアフィリエイト初心者に向けた記事をまとめています。

>>【YouTubeアフィリエイトの初心者】チャンネル開設から動画投稿までの3ステップ

 

これからもTwitterYouTubeでも、YouTube新機能などを含めた最新のYouTubeノウハウを実践しつつ解説していきますので、ぜひフォローお願い致します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です