YouTubeノウハウ

チャンネル停止・誤BANの傾向と対策!誤BANになった場合のYouTubeへの対応

YouTubeチャンネルを運営していく上では、常にチャンネル停止・誤BANへの対策が必要不可欠になります。

チャンネル運営には ブログのようにサーバー代・ドメイン代がかからない分、YouTube運営側の意向で動画コンテンツ・チャンネルの削除などが行われる可能性があります。

そこで今回は、チャンネル停止・誤BANなどが起きる可能性をできるだけ低めるための対策、また万が一チャンネルが削除されてしまった際の対応について解説していきます。

 

こんにちは。アツシ@YouTube専門家です。

この記事を書いている2019年10月18日(金)の時点では、チャンネル運営状況は以下の通りとなっています。

  • 非公開チャンネルA(収益化済み):22300人
  • YouTube専門家(収益化済み):7890人
  • 非公開チャンネルB(収益化済み):2120人
  • 非公開チャンネルC(収益化済み):1620人
  • 非公開チャンネルD(収益化済み):1220人

Twitterでは1ヶ月で1万人登録を達成するまでに実践したノウハウ、1チャンネルで月収100万円以上を達成させた記事ネタの選び方などを発信中です。

ぜひお気軽にリプやDMで絡んでもらえると嬉しいです。YouTube運営に関する質問に関してもTwitterLINEでお気軽にご相談ください!

 

それでは早速、本題に移っていきましょう。

これまでの垢BAN祭り

YouTubeチャンネル 停止 誤BAN 傾向 対策

YouTubeには規約があって規約違反している動画・チャンネルは削除されるのですが、たまにAIが判断を誤って優良チャンネルまで削除・停止してしまうことがあります。

大量のYouTubeチャンネルが一斉に削除される「垢BAN祭り」という悲劇も1年から2年に1回ほどの頻度で起きています。

2016年末〜2017年3月頃

2016年の年末から2017年3月頃までの期間でも「垢BAN祭り」があり、この際には主にコピーチャンネルが大量に削除されていました。

無断転載などを行なっている悪質なYouTubeチャンネルを根こそぎ削除する狙いだったと言われています。

YouTubeコンテンツの健全化には必要だったかもしれませんが、一度もペナルティを受けていないオリジナルなチャンネルも一発アウトで削除されていました。

また、「垢BAN祭り」の際には特定ジャンルのYouTubeチャンネルが標的になることもありますが、この際にはジャンルに関係なくチャンネル削除が行われていました。

2018年末〜2019年3月頃

自分は2018年末ごろからYouTubeアフィリエイトに本格的に参入したのですが、ちょうどこの時期にも「垢BAN祭り」が起きていました。

前回の「垢BAN祭り」との違いは、オリジナルな動画であっても一発アウトでの削除はなかったにしても収益化剥奪のペナルティを受けているチャンネルが多かったです。

 

収益化を剥奪されてしまったチャンネルの特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • テキストスクロールで量産できる動画
  • AI音声(機械音声)のナレーション動画

この当時ではハイクオリティだと評価されていた編集レベルのチャンネルが収益化剥奪されており、自分もとても驚いたことを覚えています。

このように、定期的に「垢BAN祭り」が起きている訳ですが、これはYouTube運営からの「もっとクオリティの高い動画を作ってください」というメッセージとも取れます。

チャンネル停止・誤BANの傾向

「垢BAN祭り」が起きる時期にも規則性があり、年末から3月くらいにかけてチャンネル削除・収益化剥奪といったペナルティが発生している印象です。

というのも、年末から3月ごろまではYouTube広告を出港したがる広告主も増える時期で、YouTube運営側が動画コンテンツの品質チェックに力を入れているのかもしれません。

 

それでは続いて、「垢BAN祭り」の際にチャンネル停止・誤BANの被害を避けるための対策について解説していきます。

チャンネル停止・誤BANの対策

YouTubeチャンネル 停止 誤BAN 傾向 対策

チャンネル初期から攻めた運営をしない

実は自分も一度だけ誤BANでYouTubeチャンネルが停止されたことがあるのですが、まだ動画を入れ始めて2日目ほどで動画も5本程度しかない未収益化チャンネルでした。

基本的にチャンネル停止・削除などのペナルティは、主に収益化チャンネルが対象となる傾向にあるのでかなり驚きました。。。

今考えてみると、チャンネル削除の理由としては「チャンネル初期から規約的にグレーなキーワードで動画タイトルをつけていたこと」考えています。

ただ、他の同ジャンルのチャンネルでは当たり前に使われていたキーワードですし、未収益化チャンネルでしたから おそらくAIの誤作動によるものでしょう。

こうした経験から、開設したばかりの初期状態のチャンネルでは 特にNGキーワードには敏感になりました

低評価の多い動画コンテンツは削除する

チャンネル全体・動画ごとに高評価率という指標をチェックできますが、あまりにも低評価が多い動画コンテンツを削除すべきです。

基本的にAIが自動的に選別してチャンネル停止・削除している訳ですから、AIが識別できる高評価率なども低品質チャンネルを判断する上で使われている可能性が高いです。

ペナルティリスクのある動画を作らない

そもそもペナルティリスクが少しでもあるジャンル・テーマでは、動画コンテンツを作らないようにしてしまうのも一つです。

ただし、意図せずして規約違反の動画コンテンツを作ってしまう可能性はありますから、ある程度チャンネル運営に慣れてきたらサブチャンネルも並行運営してみましょう。

以下のブログ記事では、複数運営のメリット・初心者が複数運営に至るまでのプロセスを解説しています。

>>【YouTube運営のリスクヘッジ】チャンネルは複数運営か集中特化すべきか?

動画コンテンツにロゴなど入れる(コピー対策)

自分の運営チャンネルでも実際に、動画コンテンツを無断転載されてしまった経験があるのですが、運営チャンネルのロゴ・名称などを表示させておくと転載されにくくなります。

あなたの運営チャンネルの動画コンテンツがあまりにも無断転載され続けると、似たような動画コンテンツが多いとしてコピーチャンネルもろとも削除されかねません

無断転載された動画コンテンツを見つけたら「報告」機能でYouTube運営に連絡することはもちろんですが、そもそも転載されないように前もって対策していきましょう。

動画コンテンツを投稿し過ぎない

自分がYouTubeアフィリエイトに参入する以前には、動画コンテンツを大量投稿しても問題なかったようです。

というのも、もともとYouTubeアフィリエイトは、ブログなどの既存コンテンツをコピペして動画化させる手法がメインだったため1本15分もあれば簡単に作れたからです。

しかしながら、2016年末から起きた「垢BAN祭り」によって、大量投稿されるコピペコンテンツも規制対象になってしまいました。

そのため、いくらオリジナル動画を作っていたとしても、1日に5本以上動画を投稿してしまうとAIが自動的に「大量投稿=コピペ」と判断してしまうリスクがあります。

説明欄にリンクを貼り過ぎない

説明欄には関連動画・ハッシュタグなどを設定することで、既存コンテンツとの関連性を高めてインプレッション回数を増やせるメリットがあります。

しかし、あまりにもリンクを貼りすぎるとスパム扱いされてしまいますから、節度を持ってリンクを張るようにしてください。

インプレッション回数と再生回数の関係性については、以下のブログ記事を参考にしてください。

>>動画にアクセスを集めるポイント5つ&YouTubeの自然集客が増える仕組み

関連表示されるための説明欄の設定については、今のブログ記事で解説しています。

>>【YouTubeのSEO】再生回数・関連流入を増やすコツ6つ!説明欄・カード・再生リスト・終了画面・タグ・ハッシュタグの最適化

動画コンテンツのバックアップを取る

万が一、YouTubeチャンネルが削除されてしまった場合に備えて、動画コンテンツを外付けHDD・クラウドサービスで保存しておくことをオススメします。

自分は有料版DropBoxと無料版GoogleDriveを併用して、今まで作った動画コンテンツを全て保存しています。

外付けHDDだと2年くらい経過するとディスクの経年劣化でデータが消えてしまうリスクがありますが、クラウド上であればデジタルデータのため経年劣化の心配は不要です。

 

ここまではペナルティを避けるための対策についてお伝えしましたが、万が一にもチャンネル停止・削除になってしまった際の対応を解説していきます。

チャンネル停止・誤BANされた際の対応

YouTubeチャンネル 停止 誤BAN 傾向 対策

YouTube運営に異議申し立て

チャンネルが停止・削除されたとなると、Googleアカウント・チャンネルへのログインができない状態かと思います。

YouTubeチャンネル 停止 誤BAN 傾向 対策

チャンネル・アカウントへのログインができない場合には、YouTubeホーム画面の一番下に表示されている「フィードバックの送信」をクリックします。

 

YouTubeチャンネル 停止 誤BAN 傾向 対策

「アカウントの問題のトラブルシューティング」へ進みます。

 

YouTubeチャンネル 停止 誤BAN 傾向 対策

そうすると、より具体的な問題を選択する画面が表示されます。

状況に応じて適切なものを選んだ上で、YouTube運営に連絡してみましょう。

 

他にも、以下のような連絡手段があります。

  • ヘルプ→サポートチームへメール
  • 停止画面からのフォーム
  • サポートチームからのフォーム

YouTube運営の目に止まりやすくなると思いますから、可能な限り全ての手段で連絡してみることをオススメします。

新規アカウント・チャンネルの作成は控える

チャンネル停止・削除された直後はGoogleから目をつけられてる状態ですから、新規Googleアカウント・YouTubeチャンネルの作成などは控えましょう。

チャンネルが削除されるとアタフタして何かしないいられない気持ちも重々承知ですが、新規アカウント・チャンネルを作成しても即時削除されてしまいかねません

YouTube運営へ連絡すれば遅くとも1週間以内には連絡が帰ってきますから、それまでは次に取り組むYouTubeチャンネル用のリサーチなどに時間を使っておきましょう。

別環境で新規アカウントを作成

もし普段使っているパソコンとは別にデバイスがあれば、IPアドレス・接続環境を変えればスグに新規Googleアカウント・YouTubeチャンネルを作成できます

ただし注意していただきたいのは、ペナルティを受けたGoogleアカウントに一度もログインしていないことが条件です。

Googleは一度でもログインしたデバイスは、同一人物が使っているものとして記憶しています。

ですから、いくらデバイス・接続環境を変えてIPアドレスを変更できたとしても、アカウント・チャンネルは即時削除されてしまうでしょう。

 

もし既にログインしてしまったけど日頃はほとんど使わないデバイスであれば、一度フォーマットして全ての情報を抹消すれば別人格としてGoogleアカウントを作成可能です。

もしくは、2万円ほどで格安ノートパソコンを購入してしまうのも手ですね。

削除チャンネルへの問い合わせができない場合

YouTubeチャンネル 停止 誤BAN 傾向 対策異議申し立てする際にはメールアドレスを入力するのですが、削除チャンネルのメールアドレスを入力していないと以下のようなメッセージが届く場合があります。

いつも Google をご利用いただきありがとうございます。

Google アカウントにアクセスできない件についてお問い合わせいただきありがとうございます。

お客様のアカウントを調査しましたところ、アカウントは現在も有効なことが確認されましたので、正常にログインしていただけます。

こうしたメッセージが送られてきた場合には、削除されたチャンネルのメールアドレスを確認する必要があります。

 

そこで、以下では削除されたチャンネル(ブランドアカウント)のメアドを確認する方法をご紹介します。

Googleアカウントにログイン

YouTubeチャンネル 停止 誤BAN 傾向 対策

まずは「Googleアカウント」へログインしてください。

「Googleアカウント ログイン」と検索すれば、ログイン画面にアクセスできます。

メニュー>個人情報

YouTubeチャンネル 停止 誤BAN 傾向 対策

左上にメニューがあるので、上から2番目の「個人情報」をクリックします。

ブランドアカウントに切替

YouTubeチャンネル 停止 誤BAN 傾向 対策

次に、画面右上に表示されているアイコンをクリックして、削除されたチャンネル(ブランドアカウント)を選択して切り替えます。

連絡先情報>メール

YouTubeチャンネル 停止 誤BAN 傾向 対策

切り替え終わったら、画面中央に表示されている「連絡先情報」のなかの「メール」を確認してください。

こちらに表示されているメールアドレスが「削除されたチャンネルのメアド」になります。

ブランドアカウントのメアドで問い合わせる

上記の流れでブランドアカウントのメアドを確認できたら、そのメアドを入力した上で問い合わせれば「異議申し立て」が正常に通るはずです。

 

というわけで、今回はチャンネルのペナルティ対策、万が一チャンネルが削除されてしまった際の対応について解説させていただきました。

 

こちらでは、YouTubeアフィリエイト初心者に向けた記事をまとめています。

>>【YouTubeアフィリエイトの初心者】チャンネル開設から動画投稿までの3ステップ

 

これからもTwitterYouTubeでも、YouTube新機能などを含めた最新のYouTubeノウハウを実践しつつ解説していきますので、ぜひフォローお願い致します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です