副業・転職

転職講座 ブラック企業の見分け方【募集情報編】

ブラック企業 見分け方 募集要項
ブログアフィリエイト

こんにちは。今回は企業の募集情報を見て

ブラック企業かどうかを見抜く方法について

ご紹介していきたいと思います。

募集要項でのブラック企業
の見分け方

ブラック企業の見分け方1
採用数が多すぎる

企業の規模の割に採用数が多いというのも

ブラック企業の特徴の一つです。

企業の規模より大量に採用するということは、

大量に退職者がいるという

ことを意味しています。

2Dアツシ
2Dアツシ
これもブラック企業の典型と言えます!

単純に採用数だけで判断するのではなく、

今の従業員数から比較するようにしてください。

従業員数が200人の会社で100人採用するのと

従業員が1000人の会社で100人採用するのでは

全然違いますよね!

ただ、ブラック企業の中にもずる賢い企業

があり、この理屈でブラック企業だと見抜か

れないようにするために、わざと募集人数を

少なめにしてその代わりにずっと募集している

という方法をとるブラック企業もあります。

こういう手段をとるブラック企業にも

騙されないように注意してくださいね。

ブラック企業の見分け方2
給与が固定給になっている

給与が固定給である企業もブラック企業

である可能性が非常に高いです。

具体的には見なし残業とか年棒制度という

言葉を使って残業代を固定してしまって

いることが多いです。

このような固定給だと、いくら残業しても

給料が変わらなくなってしまうのです。

課長、部長などの管理職で残業代が

支払わていないというケースならば

よくある話です。

2Dアツシ
2Dアツシ
優良企業でもその仕組みはよく採用されていますね。

課長、部長といった管理職には残業手当が

支給されない代わりに役職手当5毎月5万円

など支給される場合が多いです。

しかし、管理職ではない一般職で

残業手当が支給されないという仕組み

はまともな企業ならばありえないのです。

このポイントはブラック企業だと見抜く上で

重要なポイントになりますので、見落とさない

ようにしましょう。

そのような会社はそもそも受けないことを

おすすめしますが、どうしても受けてみたい

職種や会社の場合には、OB訪問などで

そのような点についてしっかり聞いて

みましょう。

面接でそのような質問をしてしまうと

落とされてしまうかもしれません。

2Dアツシ
2Dアツシ
落とされる覚悟でもよければ聞いてみるのもありですが。

どうしても面接で聞き出したい場合は

「子供の送り迎えでどうしても6時には

帰りたいのですが大丈夫でしょうか?」

「親の介護があるので夜遅くまで残業はでき

ませんが大丈夫でしょうか?」などのように

もっともらしい理由をつけて残業があるのか

どうかを聞き出してみるのも一つの手ですね。

ブラック企業の見分け方3
給与が高すぎる

募集情報で給料があまりにも高すぎる

場合にも警戒した方がよいでしょう。

給料が高いという情報だけみると、ブラック

企業ではないのかな?という警戒心が

どうしても低くなってしまいます。

これは実際、高い給与だと吊っておいて、

実際働いてみるとそんなに給料が高くな

かったということがよくあるのです。

ブラック企業がよくやる手口として、歩合給

の数字をやたらと誇張しておいて、固定給の

方はじつは相場よりかなり低かったという

場合があります。

そして、突出して結果を出して、歩合給で

たくさん給料が高い人を例に出して、うちの

会社に入ればこんなにもらえますよと言って

だまして入社させてしまうわけです。

2Dアツシ
2Dアツシ
こんな情報全然あてになりませんよね!

年齢別にみた社員の平均給与はいくらなのか、

固定給はいくらなのか、残業代はいくらなのか

さらには一か月に何時間まで残業手当はつくのか

といった点をよく確認するようにしましょう。

ネットで調べれば同じ業界の給料がどれぐらい

かというのは大体はわかるものです。

不動産業界、車業界、電機業界、飲食店業界

など業界によって給与水準というのは大体

決まってしまいます。

たとえば「銀行員、平均給与」と入れて

Googole検索すると400万円~750万円、

とすぐにでてきます。

製造業で調べてみると300万円程度

が大卒1年目の平均給与だとわかります。

これらのデータより明らかに高すぎたり

低すぎたりと言う場合にはブラック企業

である可能性を疑った方がよいでしょう。

ブラック企業の見分け方4
夢などが書いてある

募集要項に、夢ややりがいなどの内容が

たくさん書いてある企業はブラック企業

である可能性が高くなります。

優良企業は、このような抽象的な言葉では

なくて、会社の歴史、世界シェア、日本シェア

がどうなのか?同じ業界のライバル企業と

比べてどのような強みをもっているのか、

どのような賞を受賞したのか?などを

詳しく書いてあります。

2Dアツシ
2Dアツシ
優良企業はそもそもアピールできるポイントが山ほどあるから優良企業なのです。

それに対してブラック企業は堂々と

アピールできるポイントなんかないんです。

商品でもサービスでもアピールできる強み

なんかなく、社員を安くこき使うことによって

なんとかやりくりしているわけですから。

ですから、募集要項にも具体的なことを書く

代わりに夢とかやりがいとかとにかく抽象的

な言葉で取り繕うとするわけです。

ブラック企業の見分け方5
離職率、有給消化率などの説明がない

ブラック企業と言えば、安い給料で社員を

ぼろ雑巾のようにこき使います。

ですから、離職率も高めですし、有給消化率

なども相当低いと考えられます。

これらの数値をデータとして出していない

企業はブラック企業である可能性があります。

有給消化率に関しては、今のご時世、優良企業

であれば有給を年間に所定の日数とらないと

上司に逆に怒られますから!

社員に有給を取らせないと会社が法令違反に

なってしまいますし、優良企業であればそこは

ちゃんと守っているはずです。

まとめ

以上が募集要項から見抜けるブラック企業

の特徴になります。

これらの特徴が1つぐらいならばまだしも

2つも3つもあてはまるという場合には

その会社はブラック企業である可能性が

非常に高くなります。

甘い言葉に騙されてブラック企業に入社して

後悔しないように十分注意してくださいね。

2Dアツシ
2Dアツシ
それでは記事を最後までお読みいただきありがとうございました。
THE・ATSUSHIからの無料プレゼント

有料級マニュアルを期間限定でプレゼント

ブログアフィリエイト無料メルマガを読んで頂ければ、
ブログ未経験者でも初月から安定して
5~10万円以上稼げるノウハウをプレゼント!

 

  • PDF200ページ以上のコンテンツ
  • 90本以上の動画セミナー
  • ブログを0から立ち上げる流れ
  • ブログ記事の基本的な書き方
  • SEOを体系的に学べるロードマップ
  • 成約率の高いキーワードの見つけ方
  • アクセス爆発させるキーワード選定
  • AdSense取得のための最新審査基準
  • 今売れてる!売れ筋ASP案件まとめ
  • 外注化によるメディア運営の自動化
  • ASPとの特別単価の交渉術
  • クローズドASPとの提携方法

 

上記のような、
アフィリエイトに必須なノウハウ・スキルを
一冊のマニュアルに全てまとめました。

 

さらに以下では、
特に役立つであろうスペシャル特典を
ピックアップしてご紹介します!

  • 8PVで1日に3万円以上稼いだ方法
  • 8記事だけで毎月20万円の固定収入を得る方法
  • Googleに認められたブログへの権威付けのコツ
  • 旅をしながら毎月200万円以上稼ぐには?
  • メール1通で年間1500万円も稼いだ方法とは?
  • 年間3500万円稼ぐブロガーとの対談動画
  • 【時間無制限】音声相談できる権利 などなど!

 

有料級のノウハウ&情報を
圧倒的なボリュームでお届け!

ぜひ手にとって、
価値を感じてください。

マニュアルを受け取る

 

コンサルティング9日間の無料トライアルもできる!

LINE@さらに今なら期間限定で、
LINE@を追加してくださった方全員に

9日間コンサルを受けられる
無料トライアルをご提供しております!

 

運営しているブログコミュニティ
『Reborn』の参加メンバーと同様に、

今持っているノウハウ・スキルを総動員して
あなたのブログ運営を全力サポートします。

 

また、『Reborn』で定期的に行っている
都内・大阪でのブログ作業会やセミナーへも

LINE@特別枠として、
特別にご招待させて頂きます!

 

さらに!アクセス爆発が狙える
穴場キーワードがあれば不定期配信しますから、
ぜひブログ運営に有効活用してくださいね。

無料トライアルに参加

おすすめコンテンツ