Amazonアソシエイト

クリック率を上げるタイトル・キーワードとは?クリック率の目安・平均は?

keywordtool 登録方法
ブログアフィリエイト

こんにちは!いつもクリック率ばかり考えてる守淳史です。
Twitterもやってます。@atsushithai

どんなに素晴らしいコンテンツを作ったとしても、魅力的じゃないタイトル(クリックされないタイトル)ではもったいないですよね。

 

なので、今回記事で説明するようなキーワードをタイトルに適切に含めて、クリック率をアップさせましょう。

 

数字と一緒に使うキーワード

キーワードの例
  1. 基本
  2. 基礎
  3. ポイント
  4. 方法
  5. メソッド
  6. やり方
  7. ステップ
  8. 段取り
  9. チェックリスト
  10. ランキング
  11. 手順
  12. 順序
  13. 工程
  14. モデル
  15. パターン
  16. タイプ
  17. 要素
  18. 要因
  19. 戦略
  20. 構想
  21. スキーム
  22. 作戦
  23. ルール
  24. 法則
  25. 基準
  26. 規律
  27. 項目
  28. 事項
  29. 箇条
  30. 仕組み
  31. プロット
  32. テクニック
  33. 方法
  34. 技法
  35. 手法
  36. 解決法
  37. 特徴
  38. 特色
  39. 特性
  40. 指標
  41. 習性
  42. 特異性
  43. 共通点
  44. 類似点
  45. 心理
数字を記事タイトルに含める例
  • ネットで情報商材を購入して成果を出すための5つのポイントとは?
  • ブログ開設直後にインデックスを激的に早める2つの方法!
  • 時間がない人がアフィリエイト作業量を確保するための7つの心構え

数字と一緒に使われるキーワードはまだまだ探せばいくらでもあります。

 

毎回毎回「~するための5つのポイント」みたいなのばっかりだったら萎えますしね。

 

語彙のバリエーションを増やしておきたいところです。

 

文字数を増やすことによるSEO効果は実感してますが、それと同じくらい語彙力を増やすことも大事だと感じています。

 

たとえば、恋愛系の記事では、こちらのようなタイトルがそこらじゅうにあります。

記事タイトルの例
  • ~6つの心理
  • ~10の法則
  • ~12の要素

自分も恋愛系のアフィリサイトをいくつか持ってるので、実際こういう姑息な手法でクリック率上げたりしてます。

 

強めのキーワード

キーワードの例
  1. 確実に
  2. 急速に
  3. 必ず
  4. 必要な
  5. 必須の
  6. 重大な
  7. 重要な
  8. 必要不可欠な
  9. なくてはならない
  10. 結果を出すための
  11. 成功するための
  12. 知っておくべき
  13. 鉄板の
  14. 必勝

これは使用に注意が必要です。

 

いわゆる「釣りタイトル」になってしまうと、新規訪問者は間違いなく別のページを見ないし、ファンにもならないし、お気に入り登録もされないでしょう。

 

例えば、「確実に」とか言ってる割に、クソみたいな内容だったら幻滅です。がっかりです。

 

なので、かなり自信のあるコンテンツじゃない限り、こういう強めのフレーズは使わない方がよいでしょう。

 

注目を集めるだけ集めても中身がゴミじゃ意味ないですからね。

 

敷居を下げるキーワード

キーワードの例
  1. 誰でも簡単に
  2. 易しい
  3. 初心者が
  4. 初級者が
  5. 未経験でも
  6. 基本的な
  7. 基礎的な
  8. 入門者向けの
  9. すぐ結果が出る
  10. たったの21分で
  11. たったの2週間で

※末尾は自然な日本語になるように変化させてくださいね

 

ある物事に関して、勉強を開始したばかりの初心者、興味をもちはじめたユーザには、こういう敷居を下げる言葉が魅力的ですよね。

 

流されやすい軟弱な人間が釣れます。

 

ただ、強めのキーワードと同様に誰でも簡単にできないものだったら、やっぱりマズイでしょう。信頼を失うだけです。

 

ネガティブ&注意キーワード

キーワードの例
  1. 詐欺
  2. だまし
  3. 虚偽
  4. 失敗
  5. 間違い
  6. 挫折
  7. 要注意
  8. 警戒
  9. 警告
  10. 危険
  11. 危ない
  12. 深刻
  13. 効果なし

人は成功することよりも、失敗することをより強く避けたがる傾向にあります。

 

つまり、損失を避けたい気持ち>>>利益を得たい気持ちとなるってことです。

 

利益よりも安全を取ろうとしてしまうわけですね。

 

チャレンジ精神よりも現状維持の方に傾いてしまうといってもよいかもしれません。

 

だから、

  • ○○は詐欺?
  • ○○で失敗しないための…
  • 要注意!○○を購入する前に…

というフレーズに目がいってしまうんですね。

 

人間の恐怖感や心配を煽って興味を引くという、割とクズっぽい手法だと思ってます。

 

ただ、ASPアフィリでは自分もやってますが。。

 

  1. ベジーデル体験談!酵素ドリンク購入前に知っておくべき3つの基本
  2. ベジーデルは詐欺?酵素ドリンクがあなたの体質に合うか3つのチェック

もし上記のようなタイトルが並んでいたら、ユーザはもちろんベジーデルの体験談を知りたいはずなのです。

 

しかし、それよりも「騙されたくない(損をしたくない)」という気持ちの方が強いのです。

 

まず先に②の方を知っておきたくてクリックしてしまうというわけです。

 

ネガティブワード使用の注意点

ただし、タイトルにネガティブワードを含めているだけでも広告主から(あるいはASPを通して)修正依頼が来る場合があります。

 

本文の中で最終的にはポジティブな方向に持っていったとしても、タイトルだけ見たユーザには悪い印象を与えている可能性はあります。

 

訴訟沙汰になることもあるそうです。なので、万が一の場合に備えて、ネガティブキーワードの注意を受けたらすぐに修正できるよう準備はしておいた方がよいでしょう。

 

まとめ

以上、「タイトルに含めるとクリック率が激的にアップするキーワード87個」でした。タイトルにマッチングするコンテンツが提供できたでしょうか。

 

ここまで露骨に書いてる記事はあんまりないと思ったので、やってみました。

 

クリック率のアップという意味では間違いないと実感しています。

 

実際に、狙ってるキーワードは変えずに、タイトルの派手さを変えるだけでもクリック率はアップします(やるなら自己責任で)。

 

ただ、繰り返しますが、検索したユーザの期待に応えられていないなら、それは完全に無意味とも言えますので、その辺だけは意識しておきたいところです。

THE・ATSUSHIからの無料プレゼント

有料級マニュアルを期間限定でプレゼント

ブログアフィリエイト無料メルマガを読んで頂ければ、
ブログ未経験者でも初月から安定して
5~10万円以上稼げるノウハウをプレゼント!

 

  • PDF200ページ以上のコンテンツ
  • 90本以上の動画セミナー
  • ブログを0から立ち上げる流れ
  • ブログ記事の基本的な書き方
  • SEOを体系的に学べるロードマップ
  • 成約率の高いキーワードの見つけ方
  • アクセス爆発させるキーワード選定
  • AdSense取得のための最新審査基準
  • 今売れてる!売れ筋ASP案件まとめ
  • 外注化によるメディア運営の自動化
  • ASPとの特別単価の交渉術
  • クローズドASPとの提携方法

 

上記のような、
アフィリエイトに必須なノウハウ・スキルを
一冊のマニュアルに全てまとめました。

 

さらに以下では、
特に役立つであろうスペシャル特典を
ピックアップしてご紹介します!

  • 8PVで1日に3万円以上稼いだ方法
  • 8記事だけで毎月20万円の固定収入を得る方法
  • Googleに認められたブログへの権威付けのコツ
  • 旅をしながら毎月200万円以上稼ぐには?
  • メール1通で年間1500万円も稼いだ方法とは?
  • 年間3500万円稼ぐブロガーとの対談動画
  • 【時間無制限】音声相談できる権利 などなど!

 

有料級のノウハウ&情報を
圧倒的なボリュームでお届け!

ぜひ手にとって、
価値を感じてください。

マニュアルを受け取る

 

コンサルティング9日間の無料トライアルもできる!

LINE@さらに今なら期間限定で、
LINE@を追加してくださった方全員に

9日間コンサルを受けられる
無料トライアルをご提供しております!

 

運営しているブログコミュニティ
『Reborn』の参加メンバーと同様に、

今持っているノウハウ・スキルを総動員して
あなたのブログ運営を全力サポートします。

 

また、『Reborn』で定期的に行っている
都内・大阪でのブログ作業会やセミナーへも

LINE@特別枠として、
特別にご招待させて頂きます!

 

さらに!アクセス爆発が狙える
穴場キーワードがあれば不定期配信しますから、
ぜひブログ運営に有効活用してくださいね。

無料トライアルに参加

おすすめコンテンツ