Wordpressブログ

1つのドメインで複数サイトを運営するには?同一ドメインのメリット&リスク

1つのドメイン 複数サイト
ブログアフィリエイト

 

ブログ運営を続けていると、

ブログサイトも増えていくことが多いと思います。

 

独自ドメインを取得して、

新規サイトを開設するのもけっこう手間ですよね。

 

実は、

1つのドメインで

複数のサイトを運営することも可能なのです。

 

その方法が、

  • サブドメイン
  • サブディレクトリ

という2つのやり方。

 

今回は、ブログ運営の知識として、

サブドメインとサブディレクトリで複数のサイトを運営する方法

同一ドメインのメリットとリスクについてまとめて解説しています。

 

1つのドメインで複数サイトを運営するには?同一ドメインのメリット&リスク

 

運営しているサイトがアドセンスブログの場合、

1サイトにつき新しいドメインを取得するのが良いですが、

 

情報発信サイトなどは、

メインサイトに関連性のあるサイトを

  • テーマ分けをしてシリーズ化
  • カテゴリ別に細分化

こんな風に複数サイトを作ることがありますが、

 

その場合に、

1つのドメインで複数サイトを運営することが可能なのです。

 

その方法というのが、

『サブドメイン』『サブディレクトリ』

という2つの作り方があります。

 

『サブドメイン』と『サブディレクトリ』とは?

 

サブドメインとサブディレクトリ。

 

この2つは、

形式が違うだけでなく、

タイプとSEO的にも違いがあるので、

 

使い分けることが重要になります。

 

これから特徴や違いを解説するので、

もしみなさんが複数サイトを運営する場合に、

どちらがサブサイトに適しているか考えてみてください。

 

見た目で分かる形式的な違い

 

サブドメインの形式

 

サブドメインは、ルートドメインの前に任意の文字列が追加された形。

「○○○.com」が本体で、「△△△.○○○.com」

 

ルートドメインに対しての

“サブドメイン”です。

 

分かりやすいように大手サイトを例にしてみます。

 

  • 楽天市場 → http://www.rakuten.co.jp/
  • 楽天ブックス → http://books.rakuten.co.jp/
  • 楽天トラベル → http://travel.rakuten.co.jp/
  • Yahoo!JAPAN → https://www.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ショッピング → https://shopping.yahoo.co.jp/
  • ヤフオク → https://auctions.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ニュース → https://news.yahoo.co.jp/

 

rakuten.co.jpもyahoo.co.jpといった

ルートドメインの前に、

それぞれ文字列が追加されていますよね。

 

2Dアツシ
2Dアツシ
これがサブドメインの形式です。

 

サブディレクトリの形式

 

サブディレクトリは、

ルートドメインの後に“/”スラッシュで区切られた任意の文字列が追加された形。

「◯◯◯.com」の場合、「◯◯◯.com/xyz/」がサブディレクトリ

 

これがルートドメインに対しての

サブディレクトリになります。

 

サブディレクトリを使用している大手サイトは、

価格.comがあります。

  • 価格ドットコム → http://kakaku.com/
  • パソコン → http://kakaku.com/pc/
  • 家電 → http://kakaku.com/kaden/
  • 自動車・バイク  → http://kakaku.com/kuruma/
  • ファッション  → http://kakaku.com/fashion/

とこんな感じです。

 

2つの意味合いの違い

 

2Dアツシ
2Dアツシ
形式的な違いの他には、意味合いでも異なる部分があります。

 

サブドメイン

 

サブドメインは、

ルートドメインのメインサイトのテーマに対して、

ジャンル、属性が異なる場合

に適しています。

 

楽天の場合で例えると、

楽天というグループの中で

トラベル、ブックスと派生させていますが、

 

それぞれ扱うジャンルが

異なるために独立していますよね。

 

サブディレクトリ

 

サブディレクトリは

 

メインサイトのテーマを

より細分化させた

同一のジャンルテーマを扱う場合

に適しています。

 

例えば、価格.comの場合だと

「価格比較」というメインテーマで、

 

パソコンも家電もカメラも価格比較を扱っていますよね。

 

サブドメインは独立したサイトを作りますが、

 

サブディレクトリは、

メインサイトの下層ページのような扱いになります。

 

SEO的観点での違い

 

2Dアツシ
2Dアツシ
次にSEO的観点で見たときの違いについて解説します。

 

サブドメイン

 

サブドメインは、

テーマ性が独立したサイト

という特徴があるといいましたよね。

 

SEO的にもルートドメインの影響は受けません。

 

Google側も、

1つの独立したサイトであると認識します。

 

新規のサブドメインには、

メインサイトのドメインパワーも受け継がれません。

 

被リンクがついてもルートドメインに蓄積はされません。

 

どちらかのドメインでペナルティを受けた場合、

どちらかに影響が及ぶこともありません。

 

サブディレクトリ

 

一方サブディレクトリは、

ルートドメインのテーマを受け継いでいる

という性格があるので、

 

SEO的観点からも、

ルートドメインのSEO効果の影響を受けます。

 

新規サブディレクトリでも、

メインサイトのサイトパワーを受けるので、

サイト立ち上げたばかりでも上位表示される可能性はあります。

 

被リンクがついた場合も、

ルートドメインにリンクパワーが蓄積されていきます。

 

しかし、

ルートドメインがペナルティを食らうと、

サブディレクトリも一緒に飛ばされてしまう

 

というリスクがあります。

 

『サブドメイン』と『サブディレクトリ』のメリット・デメリットまとめ

 

共通するメリットと言えば、

コストを抑えることができ手軽にサイトが作れる

 

サイトを運営する数が増えると、

その分ドメイン取得のコストや管理の手間がかかりますよね。

 

コスト面では、独自ドメインよりも

サブドメイン、サブディレクトリの方が手軽です。

 

サブドメイン

メインサイトの成績は受け継がれないが、

ペナルティを受けた場合にもどちらかに影響が及ぶことがない。

 

サブディレクトリ

ルートドメインのテーマを継承するため、SEO効果の影響を受けられる。

その反面、ルートドメインがペナルティを受けるとサブドメインにも影響がある。

 

テーマが異なるサイトの場合だったり、

サイトをブランディングしたい場合には

独自ドメインを検討する必要がありますが、

 

そうではない場合は、

サブドメインやサブディレクトリを検討すると良いでしょう。

 

メリットだけではないので、

リスクも含めて導入を検討する必要があります。

 

エックスサーバーでサブドメインを取得する方法

 

エックスサーバーでサブドメインを取得する

流れを簡単に解説します。

 

①エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

ドメイン 複数 サイト運営

インフォパネルに入り、

“サーバーパネル”にログイン。

 

ドメインの中の

『サブドメイン設定』をクリックします。

 

②サブドメインを追加するドメインを選択

ドメイン 複数 サイト運営

『ドメイン選択画面』から、

サブドメインを作成するドメインを選択。

 

③『サブドメインの追加設定』

サブドメイン設定の画面に移行したら、

ドメイン 複数 サイト運営

2つのタブがあるので、

『サブドメインの追加設定』

に切り替えます。

 

『サブドメイン』の項目に、

サブドメインを入力。

※サブドメインは半角英数字30文字以内で入力しましょう。
コメントは任意で、「~用」などのメモに使えます。

入力ができたら、

『サブドメインの追加(確認)』をクリック。

 

⑤サブドメインの追加(確定)

 

サブドメインの設定が間違いなければ、

『サブドメインの追加(確定)』をクリック。

 

⑥サブドメインの取得完了

 

サーバーに設定が反映されるまで

半日くらいの時間がかかります。

 

早いと2,3時間くらいですね。

2日くらいかかることもあるようです。

 

2Dアツシ
2Dアツシ
手順はめちゃくちゃ簡単ですよね。

 

エックスサーバーにサブディレクトリをインストール

 

次は、サブディレクトリに、

WordPressをインストールする流れを解説します。

 

①エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

ドメイン 複数 サイト運営

 

左下の認定対象ドメイン

サブディレクトリを作成するドメインを選択し、

右の設定ボタンをクリックします。

 

②「WordPress簡単インストール」を選択

 

画面右上の「現在の設定対象ドメイン」が

選択したドメイン名になっていることを確認。

 

『WordPress簡単インストール』をクリック。

 

③『プログラムのインストール』で必要事項を入力

ドメイン 複数 サイト運営

入力事項

  • インストールURL (この入力欄の部分が『サブディレクトリ』)
  • ブログ名 (サブディレクトリのブログ名)
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

 

インストールURLとユーザー名は後から変更することはできません。

 

その他は後からでも変更が可能です。

 

インストール(確認)をクリック。

 

次の画面で入力事項の確認画面が表示されるので、

問題がなければ『インストール(確定)』

 

④サブディレクトリの取得完了

 

サブディレクトリの管理画面では、

http://ルートドメイン名/サブディレクトリ名/wp-admin/

となり、

 

インストール後にすぐアクセスが可能になります。

 

どちらの方法も取得まで難しくありませんよね。

 

簡単に新規サイトを作ることができるので、

自分のサイト運営スタイルに合わせて、

ぜひご活用ください!

THE・ATSUSHIからの無料プレゼント

有料級マニュアルを期間限定でプレゼント

ブログアフィリエイト無料メルマガを読んで頂ければ、
ブログ未経験者でも初月から安定して
5~10万円以上稼げるノウハウをプレゼント!

 

  • PDF200ページ以上のコンテンツ
  • 90本以上の動画セミナー
  • ブログを0から立ち上げる流れ
  • ブログ記事の基本的な書き方
  • SEOを体系的に学べるロードマップ
  • 成約率の高いキーワードの見つけ方
  • アクセス爆発させるキーワード選定
  • AdSense取得のための最新審査基準
  • 今売れてる!売れ筋ASP案件まとめ
  • 外注化によるメディア運営の自動化
  • ASPとの特別単価の交渉術
  • クローズドASPとの提携方法

 

上記のような、
アフィリエイトに必須なノウハウ・スキルを
一冊のマニュアルに全てまとめました。

 

さらに以下では、
特に役立つであろうスペシャル特典を
ピックアップしてご紹介します!

  • 8PVで1日に3万円以上稼いだ方法
  • 8記事だけで毎月20万円の固定収入を得る方法
  • Googleに認められたブログへの権威付けのコツ
  • 旅をしながら毎月200万円以上稼ぐには?
  • メール1通で年間1500万円も稼いだ方法とは?
  • 年間3500万円稼ぐブロガーとの対談動画
  • 【時間無制限】音声相談できる権利 などなど!

 

有料級のノウハウ&情報を
圧倒的なボリュームでお届け!

ぜひ手にとって、
価値を感じてください。

マニュアルを受け取る

 

コンサルティング9日間の無料トライアルもできる!

LINE@さらに今なら期間限定で、
LINE@を追加してくださった方全員に

9日間コンサルを受けられる
無料トライアルをご提供しております!

 

運営しているブログコミュニティ
『Reborn』の参加メンバーと同様に、

今持っているノウハウ・スキルを総動員して
あなたのブログ運営を全力サポートします。

 

また、『Reborn』で定期的に行っている
都内・大阪でのブログ作業会やセミナーへも

LINE@特別枠として、
特別にご招待させて頂きます!

 

さらに!アクセス爆発が狙える
穴場キーワードがあれば不定期配信しますから、
ぜひブログ運営に有効活用してくださいね。

無料トライアルに参加

おすすめコンテンツ